工場内

成形加工時に出るメヤニにお困りなら抑制効果の高い離型剤がおすすめ

離型剤はワックス系よりフッ素コーティング系離型剤が役立つ

ドリルの先端

プラスチックやゴムなどの大抵の製品は、金型にはめて成形され、取り外すという工程で作られます。その際に、型から製品を取り外すために離型剤というものが必要になります。離型剤にはいくつか種類があります。その中にはワックス系のものもあるのですが、ワックス系は粘着性があるため、金型から取り外す時に粘着してしまいスムーズに作業が進まない場合があります。
また、スムーズに型から取り外すことができないと、メヤニという堆積物が型についてしまいます。メヤニが型にたまることで、製品に筋が入ったりするトラブルの原因にもなります。そういったメヤニを抑制する効果もあるのが、フッ素コーティング系の離型剤です。
フッ素コーティング系の離型剤には様々なメリットがあります。まずはワックス系とは対照的に非粘着性のため、スムーズに型から製品を取り外すことが可能です。撥油性や防汚性に優れているため、洗浄の手間も大幅に削減されます。引火性もない安全な離型剤であるため、作業の効率化も期待することができます。このように、フッ素コーティング系の離型剤は、ワックス系の離型剤と比べるとメリットが多いといえます。特に金型に使用するのであれば、フッ素コーティング系の離型剤を使用するのがオススメです。

CHOICES ARTICLE

MENU