工場内

成形加工時に出るメヤニにお困りなら抑制効果の高い離型剤がおすすめ

離型剤を使用することでゴム製品等の綺麗な形造りができる

青空と工場

完成品として、あるいは多くの製品の部品として、普段から目にすることが多いゴム製品ですが、いずれもきちんと成形されることで、期待された役割を果たすことができます。素材としてのゴムは不定形の液体のため、これに形を付与するために金型という型が使用されています。金型はそのままでは使えず、内側に離型剤を塗って、ゴムが粘着しないようにする必要があります。
色々な種類の離型剤がある中、総合的に見て特に使いやすいものは、フッ素コーティングの仕組みを活用したフッ素系離型剤です。基本となる離型効果も優れていますが、それに加えて、他にも大きなメリットがあります。
例えば、メヤニの生成を抑制することで成形物からのメヤニ除去という仕事を減らし、成形物に付着しないタイプの離型剤なので成形物の洗浄という手間も省けます。メヤニや離型剤転写の後処理が不要になると、その分、より多くの成型作業をこなすことができるため、生産性の向上につながります。
また、優れた離型効果は、特に、小型製品やスリムな製品を作るときに重宝します。離型効果が高いということは、成形物を金型から取り出すのに、無駄な力を加える必要がないということです。これにより、取り出しの際の変形・破損のリスクを抑え、綺麗な形を造ることを可能にしてくれているのです。

CHOICES ARTICLE

MENU