工場内

成形加工時に出るメヤニにお困りなら抑制効果の高い離型剤がおすすめ

離型剤は引火性のないフッ素コーティング系がオススメ

作業を行う男性の手元

離型剤というのは、金属の型にはめて成形された製品を、型から取り外す際に使用する薬剤のことをいいます。離型剤にもいくつか種類があります。オイル・シリコン系、ワックス系、界面活性剤系、そしてフッ素コーティング系があります。この中で断然利点が多く使いやすい離型剤がフッ素コーティング系です。
フッ素コーティング系の離型剤には様々なメリットがあります。まず、粘着性がないので、スムーズに型から製品を取り外すことができます。製品をスムーズに綺麗に型から取り外すことができないと、メヤニという堆積物が型の縁などに溜まってしまうのです。メヤニが堆積されることで、製品に傷がつく原因にもなってしまいます。このようなメヤニを抑制するためにも、スムーズに製品を型から取り外すことのできる、フッ素コーティング剤は便利です。
また、現場では様々な作業が行われています。そのため、引火性のある離型剤を使用するとなると、作業に細心の注意を払わなければいけません。フッ素コーティング系の離型剤であれば、引火性がないため安心して使用することができ、作業もスムーズに進み、効率が上がります。現場で使用するなら、安全で引火性のないフッ素コーティング系の離型剤を使いましょう。

CHOICES ARTICLE

MENU