工場内

成形加工時に出るメヤニにお困りなら抑制効果の高い離型剤がおすすめ

色々な質問ができるフッ素コート剤専門メーカーで離型剤を入手しよう

これまで、製造現場でワックス系など他の離型剤を使っていて、フッ素系離型剤に切り替えるかどうか検討中のメーカーもあるでしょう。フッ素系離型剤は、メヤニの発生を抑制できることや、作業中に離型効果が低下してきたときに現場で使えるタイプの製剤があるなど、使いやすさに定評がある離型剤です。しかし、自社製品に実際に適用するとなると、より詳細に適切なメヤニ抑制効果のある離型剤製品の選択や、具体的な使い方、現場での保管の仕方などを確認した方がいいでしょう。そのためには、フッ素コート剤専門メーカーに相談し、相談の内容に基づいて適切な製品を購入するのが一番でしょう。
特に、メヤニ生成や、離型剤による成形物の汚れ等、成形物の後処理が面倒で困っている場合は、フッ素系離型剤を使うことで、メヤニを抑制できたりなど、今の悩み事が簡単に解決する可能性が高いです。離型剤が成形物に付着したりメヤニが出来たりしないなら、スリムな製品や細長くて壊れやすい製品も、安心して成形作業が出来ます。
フッ素コーティング剤を成分として使用しているフッ素系離型剤については、フッ素コート剤専門メーカーが一番詳しいです。フッ素系離型剤について信頼できる確かな情報を得るためにも、是非、相談してみることをおすすめします。

一定レベルの生産性を維持するのに便利な現場で塗布できる離型剤

プラスチック製品やゴム製品の成形作業では、ルーチンを着々とこなして、確実に必要な数の製品を期限までに作らなければなりません。こうした現場では、イレギュラーが発生するリスクを低く抑える方策によって、生産性を常に一定のレベルに維持することが重要です。成形作業の現場で発生しがちなイレギュラーにもいくつか典型的なものがありますが、そのいずれも、フッ素コーティングの効果を活用したフッ素系の離型剤を使うことで対応可能です。
よくあるイレギュラーの一つが、作業途中で離型剤の効き目が弱まってくることです。こうなると、金型からゴムやプラスチックがはがれにくくなり、成形失敗の製品が数多く出来てしまいます。フッ素系離型剤は、このような場合、刷毛を使って塗布したり、スプレー噴射するといった手軽な方法で離型剤の追加塗布が可能です。
また、もう一つの典型的なイレギュラーがメヤニの生成です。メヤニが成形物に付着していると、これを除去しないことには、成形作業が完了しません。フッ素系離型剤は、メヤニを抑制することが出来るため、メヤニ除去の工程を敢えて設ける必要がなく、効率的です。最近ではこういったメヤニ抑制効果のあるフッ素系離型剤も増えています。
このように、フッ素系の現場で簡単に塗布できる離型剤を使うことで、メヤニの抑制などのプラス効果により成形業務の生産性を維持し、安定的に製品製造が出来ます。

ゴム製品等の形造りに必要不可欠な離型剤

モノに形を与えるやり方にはいくつかありますが、素材がゴムやプラスチックの場合は、金型で型取りをして製品の形を整えます。金型に材料物質を流し込んで、中で固化したところで型から取り外すわけですが、この際、材料物質が型表面に粘着して剥がれなくなることがよくあります。これを防ぐ役目を担う薬剤が離型剤で、この中でも、フッ素コーティング剤を成分とするものは、特にフッ素系離型剤と呼ばれています。
フッ素系離型剤は、主成分の非粘着性に由来する優れた離型効果に加え、持続性に優れ、かつメヤニの生成を抑制するなど、成型作業の現場にとっては有難い数々の特性を備えています。メヤニを発生させずに成型できることは、現場にとってはとても重要です。メヤニが抑制されることで、その除去作業に要する時間や手間を節約できる上に、除去作業中に壊れやすい製品を変形させたり破損する危険性を減らせるためです。
フッ素系離型剤は、更に、現場で塗布できる製剤として、スプレータイプなど、使いやすいタイプのものがあり、この点でも現場の作業効率改善に大きく貢献しています。これから新たにメヤニ抑制が可能な離型剤を選定中なら、このような様々なメリットを持つフッ素系離型剤を使ってみてはいかがでしょうか。

金属部品

CHOICES ARTICLE

MENU